よくあるご質問

※ご質問をクリックするとお答えをご覧いただけます

何歳から習い始めたら良いと思われますか?

当塾においては年長さんより受け付けています。

伊藤先生が言われるには、幼児期にきっちりとした数観念をつけることで、小学校の算数における理解度に大きな差が出る。

1年生の子でも、年中・年長児レベルの発達段階の子どもがいて、「量」を理解していない子どもがいる。
その時に、プリントで毎日、「2+4=□」のような問題練習を一生懸命させても意味がない。

なぜならば、これでは2や4という「量」が見えていないからである。

それは「2」という「言葉」と、「4」という「言葉」を見て、「6」という「言葉」を「覚えること」にすぎない。

言いかえると、「2は『ア』で、4は『タ』で、6は『リ』だ」と言っているようなものである。

したがって、そういう子には「計数そろばん」で2こという「量」と、4こという「量」をいれさせて6こという「量」を「目で見させる」とすんなりと理解するのである。
このほかにも「チップ」「パズル」「分類カード」などを使って、実際に目で見て、自分で操作しながら理解していくことが、きっちりとした数観念をつけることにつながっていきます。

小学2年生で計算間違いが多いのですがそろばんを習う事で良くなりますか?

実際、見ていないのでどういった間違いが多いのか判りかねますが、考えられるのが量感がつかめていないケース。
例えば、120+3を150と答えてしまう。
このようなミスは紙面上の問題を繰り返しても治らない。
従来のそろばんにおいても量感がつかめないという欠点があります。
当塾においてはチップ・計数そろばん(10玉そろばん)を操作することで量感を養い、それから従来のそろばんの計算に入っていきます

計算はできるのですが文章問題ができません。

まず、考えられるのが演算決定能力が劣っているということです。
演算決定とは、例えば計算は電卓を使えばできますが、問題を読んで「たしざんなのかひきざんなのか」「かけざんなのかわりざんなのか」教えてくれません。

これが演算決定で自分で考える必要がある。

この演算決定が算数には要求されます。

この力は紙面上の問題を多くこなしたからといって養えるものではない。

それと、よく耳にするのですが、「うちの子は読解力がないから文章題ができないんです。」確かにそれも原因の一つでしょう。

しかし最も大切なのは、それぞれの計算の意味をしっかり理解することだと思います。

たとえば、たし算だと、合併(あわせていくつ)、増加(ふえるといくつ)、ひき算ならば、求残(のこりはいくつ)、求差(ちがいはいくつ)、など掛け算、割り算についても同じです。

私の教室においても以前はこの部分を無視して、ただ計算だけに走っていましたが、このSSKCLUBの教材を使うことで、まだ1年生で掛け算がわからない状況でも、問題を読んでたしざんで答えを出してきます。

そこで同数類加のたしざんが掛け算になる仕組みを教えていくのでつまずきは見られない。

割り算、小数、分数についても同様です。

それぞれの意味をしっかり理解させていくことが必要だと思います。

公文教室についてどのように思われますか?

まず、宣伝力のすごさと、教室数の多さには驚きです。テレビのCMでもよく流れているし、どこに行っても公文の看板を目にしますよね。でも、本物は口コミで広がっていくんですよね。SSKCLUBにおいて滋賀県では、まだよく知られていませんが、産経新聞、ヤフーニュースにとりあげられたり、愛知、千葉、四国においては、地方新聞、ラジオで紹介されています。会員数も毎年増えてきています。 ホームページ上でも言っているのですが、算数は暗記ではありません、算数力(今までに培った能力をひきだし、自ら考えて解いていく力)が要求される。計算もその一部です。 子供たちの能力には差があります。能力のある子はSSKCLUB教材でも少しの説明で理解してどんどん進んでいくので公文教材でも問題はないでしょう。しかし、問題なのは能力の劣る子です。ただ数多くの問題を繰り返し、繰り返しこなせばできるようになるかと言えば答えはNOです。逆に集中力がなくなり、考えようとしなくなります。一番大切なのは、何がわからなくて、どこでつまずいているのかを指導者が早く見極めて理解させながら進めていくことです。SSKCLUB教材はすべて1冊20ページで構成されていますが、その1ページの中にいくつかのチェックポイントがあり、何につまずいているかわかる仕組みになっています。ですから指導者はしっかりチェックしてゆけば子供たちはつまずくことなく進んでいけます。つまり、どのようなすばらしい教材でも、指導力が問われるということです。